2016年!オリンピックでお祭りモードの裏に黒い影!大統領選前に危機管理! | HIROGALE.com

HIROGALE.com

広がる 集まる 為になる!情報ブログ

2016年!オリンピックでお祭りモードの裏に黒い影!大統領選前に危機管理!

      2016/05/11

2016年ゴールデンウィークも過ぎ、下半期も残すところ2ヶ月弱です。

毎日忙しなく生活しているとあっという間に時間が過ぎていきますね。

五月病も各方面で週明けくらいから症状が出てくるのではないでしょうか!

今年は8月には第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)があり

ブラジル・リオデジャネイロとっては特別な年です。

日本でも出場選手が続々と決まり3ヶ月後に迫ったオリンピックへと盛り上がりを見せています。

スポーツの祭典!心の底から選手を応援し、観戦を心ゆくまで楽しみたいですね!

しかし日本経済を考えるとそうとばかり言っていられない人たちが沢山いることも事実です。

開催地のブラジル・リオでジャネイロでも景気低迷によって給料が払えなくなり休業する施設や店舗が続出しているようです。

当事者の方々はオリンピックどろこじゃないというのが現実でしょう。

大統領選  photo credit: Trump in Des Moines via photopin (license)
そして、11月には2016年アメリカ合衆国大統領選挙が始まり第45代アメリカ合衆国大統領が選出されます。

今年は2つの国際的なイベントがあります。

私は経済評論家でも政治評論家でもなんでもありませんが個人的にこの2大イベントから感じる私のような一般庶民が感じ取らなければいけない危機管理があるように思えたので記事にしました。

正解など分かる術もありませんが何かの参考になることがあれば幸いです。
(この記事は管理人個人の主観ですのでご了承願います)

スポンサーリンク




サラリーマンって今の時代リスキー

25022496121_f85f93077c  photo credit: Angst / Anxiety via photopin (license)

リストラ・生活苦・就職難。近年これらのキーワードに少なからず怯えながらサラリー生活を送る方は多くいると思います。

一方で日本の景気は回復に向かっているだの回復しただのアベノミクス効果だアベノミクスは失敗だだのとオリンピックで経済成長とか全く身近に感じることのできない事が世の中で起こっています。

経済が良くなろうが末端で働く我々の給料が格段に良くなることはありません。
しかし会社の経営が苦しくなれば労働時間が増えたり結果給料が少なくなったりとレスポンス良く悪いことはすぐに跳ね返ってきます。

現代の平サラリーマンは給料は安く労働は長く責任やストレスのリスクは高く終身安定雇用なんてものはない。ある意味とてリスキーだなと最近とても思います。

仕事が嫌いとか辛いとかそういう話ではありません。

とてもリスキーであるということです。

平均年収400万円。現在の物価で400万円で1年間生活をするのはとても豊かとは言えません。

貯蓄も微々たる程度しかできません。

会社からの給料が途絶えてしまえは2ヶ月と現在の生活を維持するのは難しいでしょう。

ステップアップで転職先を探そうにも転職先さえ容易に見つからない現状。

世界的に見れば沢山の情報からわかるようにまだまだ日本はいい方との見方もありますが就職先を探している当事者が就職難にあっているという現実が全てと思います。

次の大統領選によってこの現状が更に悪くなるのではないかと想定してしまうのです。

 

次期大統領が日本にもたらす影響とは!?

ブッシュ前大統領・オバマ大統領によってアメリカは力を衰退させてしまったと私は考えていますが皆さんはどうお考えでしょうか?

日本人は政治に関心がないということは有名で私自身もそうであるように平和ボケというのでしょうかね?良くわからないし興味ないという方多いと思います。

しかし、いよいよ生活が苦しくなってくると気づき始めるのです。

いったい何が起きてこうなっているんだ?と。

私も完全に後者なのですが2016年はいよいよ危機を感じるわけです。

現在のドル円は下向きで上がっていく材料が見つからないこと。

世界経済がまた不況に向かい始めている気がしてなりません。

景気回復どころか景気減速の方向だと思います。

アメリカ自体は今のところ安泰なのでしょうがこれはあくまで今のところだと思っています。

話題のトランプさんが大統領に当選したならば、発言してきた全ての事を実行したとしたら日本はどうなるのだろう?

アメリカの力の衰退は世界経済全てに影響してどの様に針が触れて私たちに影響してくるかわかりませんが少なくとも良い方向に影響してくるとは到底思えないのです。

というよりは良い方向に向かうという考え自体が危険だと思うのです。

備えておいて結果良くなったならば結果オーライですが備えていなければ明日もわからない!そんな日が来てしまっては目も当てられません。

今現在、それなりに生活出来ているうちに何かしらの対策を個人個人とっていかなければ迫り来る危機の壁を乗り越える体力も付けられません。

では何が今必要なのか?

 

経済力!キャッシュフローの重要性

26290026191_004f42a578photo credit: all the money, scott richard via photopin (license)

誰もがそんなことわかってるよ!という事なのですが経済力がなければ様々な問題を乗り越えることは難しくなってしまします。

時代をさかのぼってもわかるように世界大恐慌が来れば、物が売れなくなりサービスを買いに来る人もいなくなりサービス業も減少していきます。

お金を稼ぐということが企業レベルで困難になっていきます。

お金を稼げなければ税収も少なくなり社会保障や年金など国が国民を守るための力もなくなっていきます。

そこから来る影響は社員レベルにまで到達します。

その結果給料から毎月引かれていく保険年金等の値段も釣り上げられ気づいたら給料が減っていた?ということも発生してくるでしょう。

やがては、仕事がないのに人は要りませんのでよって削減となります。

結局は国のために企業のために会社を守るために犠牲になる人が出てくるということです。

その時に自分を守れるのは自分しかいないということを考えておかなければいけない。

体力のあるうちにしっかりと土に根を張り芽を出しておかなければいけないということです。

じゃ、どうすりゃいのよ!?これが私自身実践していかなければいけない問題でもあります。

生き抜くための勉強学習!知識レベルを高める

私自身感じるのがやはり生きていくための知識が低く何かをお金に変えていく力がないなと本当に最近はよく思うのです。

何も学習してきていない人が何かを達成することは中々難しいと思いますが今はスマホの普及によってどこにいてもインターネットで勉強できます。

情報過多になっているのは否めませんがその目利きをできるようになるのもまた勉強です。

本を沢山読むのも重要です。

知識がないから発想ができない、発送ができないから具現化できない。

結果ある意味気楽な会社員勤めの現状があるわけですが、これでも一生懸命働いてきたつもりです。しかし一生懸命働いていたとしても必ずしも生き残れる時代ではないと感じています。

学習してきたことで動き出す準備ができます。

限りある時間の投資を惜しまない!

時間は平等に流れますが個人個人に時間の限りはあります。

この記事では上でも書いたように11月の大統領選挙が1つの節目と感じていますので、それを考えると時間は7ヶ月です。

7ヶ月後にどこまで自分自身を高めていられるかということが重要になってきます。

そう考えると時間の有効活用が見えてきます。

休日は疲れたからゴロゴロしよう!
今日の飲み会だからたくさん飲むぞ!

これらは最重要なことでしょうか!?

楽しい時間についつい引っ張られて大事なことを疎かにしてしまう。
これは私自身に言っていることです(笑)
思い当たる方は参考にしてください。

限り有る時間です有効活用していきましょう!

 

まとめ

私自身が感じている危機感を今回は書かせていただきました!

おいおい!なんにも解決してないよ!と思うかもしれません!

これからどうやったら実際に力をつけていくことができるのか!?

これをしっかりインプットしてまたここでアウトプットしていきます!

内容の薄い記事でしたが最後まで読んでいただきありがとうございます。

同じような環境の方が何か変わっていくことが出来たら幸いです。

スポンサーリンク

 - LIFE-LOG , , , , , , , , , , , ,